さぬきビールを知る

“ドイツビールを日本で飲む美味しさ” さぬきビールは本場ドイツビールを日本でも味わえるようにと独特な方法で醸造しています。

ドイツビールと日本の風土

ビールの本場ドイツでは、日本ほど冷やして飲むことはない。
冷やしすぎると風味が落ち、香りも少なくなるので、室温よりやや低い温度で飲む。
ドイツに比べ、日本のビールは「冷やしすぎ」ということにはなるが、温度と湿度の高い日本では清涼飲料アルコールとして一口目の冷えたビールは格別な味として定着している。
一方ドイツは、湿度が低く乾燥しており、北海道に近い気候であるから、ビール本来の風味と香りが味わえる風土なのである。
となると、日本では日本のビールであり、ドイツビールの美味しさは味わえないことになる。
そこで、何とか日本で風味と香りを味わえる本場ドイツビールを味わってもらいたいと願って思考を重ね、我らがマイスターが醸造したのがプレミアム地ビール、すなわち “さぬきビール” なのである。

ドイツビール事情

ドイツ人は、アルコールに関して日本人より、はるかに強く、ビヤホールでは、ビアマグカップで次つぎにたいらげていく。 “まず、ビール、それから後は、…○○酒” という酒のアペタイト(食前酒でなく、酒前酒)のような日本流の飲み方はしない。
ビールは、ドイツを代表するアルコール飲料の一つであり、ビールを飲み始めると、ひたすらビールを飲み続けるのである。

ドイツ人は日本のビールは 「冷やし過ぎ」 と言い、日本人はドイツのビールは 「冷やし足りない」 と言う。どちらが正しいとか、間違っているとか、いうことではなく、ビールの “温度感” に差があると言うことなのである。ドイツでは、ビールを日本ほど冷やすことはない。冷やしすぎると風味が落ち、香りもなくなるので、室温よりやや低い温度で飲む。日本のビールは「冷やしすぎ」 ということになるが、温度と湿度の高い日本では、アルコール清涼飲料として、一口目の冷えたビールは格別なのである。ドイツは、乾燥しており、北海道に近い気候であるから、ビール本来の風味と香りを味わえるが、日本で言う “清涼感” は味わえない風土なのである。

ドイツにはバイエルン地方を中心として、1,300以上のビール醸造所があり、5〜6,000種の地ビールがある。地ビールと言っても、実際には “町のビール” であり、それぞれに個性的で、それぞれの地域を代表するビールなのである。

また、ドイツでは、16世紀のビール純粋令を末だに遵守し、ビールにはホップ、麦、酵母、水以外の原料を使用しない。日本メジャーメーカーのようにコーンスターチ等を使用するものとは、味が違ってくるのである。一方、その地方の麦と麦の混合比、そしてホップと酵母、水の違いで、その地域にマッチした、個性的で愛されるビールを何千種も創り出すのであるから、ドイツのビアマイスター達の才能には信じ難いものがある。

地域的に見ると、デュッセルドルフでは、赤銅色で、深い苦味でアクセントを付けたアルトビアがあり、ケルンの町では黄金色でフルーティな清涼感を持ったケルシュビアがある。これらのビールは、長い歴史と伝統の中で、その地域を代表するビールの座を占めているのであって、郷土愛とか、地域間の対抗意識とかとは、ほとんど関係がない。言うなれば“その地域の人が、こよなく愛し、このビールが世界で一番うまいと、信じてやまない” ということなのである。

この歴史と伝統が、うまいビールを育て、“ドイツのビール”、“ビールはドイツ” を、世界に広めた原動力なのである。

醸造長山根太一プロフィール

  • 昭和50年3月14日生
  • 1993年(平成5年)に隆祥産業株式会社に入社。
    電子関係の製造スタッフとして配属される。
  • 1996年(平成8年)香川ブルワリー発足と共に配置転換。
    その後、アサヒビールの研修を受け、醸造に携わる。
  • 1997年(平成9年)香川県初のブラウマイスターとして、香川ブルワリーの製造責任者に大抜擢。
  • 2006年(平成18年)4月、開業10周年を記念して、自ら、設計・醸造にチャレンジし、大成功の結果、「空海」が誕生。

ページ上部へ